子供服と大人服、石鹸を作っています。
by faire02
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
"Flower Pop" Skin
by Animal Skin
マルセイユ石鹸 ゆずミルク
今回のゆずミルクは、お肌へのやさしさを考慮し少しオイルの配合をかえています。
ココナッツオイルを少なめに、その分ココナッツオイルを原料とした、ミスチリン酸を配合しました。
さらに、ゆずパウダーを入れたことにより、ほんのり黄色かかった色合いと、よりフルーツ酸の効果を感じられるかな・・と思います^^
香りは、国産ゆず精油と、柑橘系のすっきりとした香りを強くしたかったので、フレーバーオイルのライムを
使用しました。
前回よりは、すっきりさわやかな香りが強く出てるように思います。
f0126587_167334.jpg


++++++++++++++++
オリーブオイル72%
ココナッツオイル
パームオイル

OP:ホホバオイル/ゆずピール/ゆずパウダー
EO:ゆず
FR:ライム
仕込み:6月5日
解  禁:7月3日
鹸化率 90%
++++++++++++++++


香りつけのお話。

いつも石鹸つくりの際には、どんな香りつけをするのか、迷うところなんです。
私が使用している香りつけのオイルは、3つに分かれます。
【エッセンシャルオイル・EO】
植物の花、葉、茎、果皮、樹皮、根、種、樹脂などに含まれる有効成分をそれぞれの抽出法を用いて採取される揮発性の「芳香物質」です。色々な効能を持っています。

【フレグランスオイル:FO 】
フレグランスオイルとは、主に香りつけのためのオイルで精油のような効能、禁忌事項はありません。

【フレーバーオイル:FR】
フレーバーオイルとは、食用の香りづけに使われる香料です。

・・・上記のオイルについて、私なりの見解は、EOのように効能はなくても、良い匂いをかぐ、ということはリラクゼーションになります。合成=体に悪い、天然=体に良い、とも限りらないと思うんです。
なので、合成されたFOやFRも、私が作る石鹸には使用することもあります。
キッチンソープに関しては、食器を洗うことになりますので、食用のオイル「FR」を使うようにしています。
そう!このキッチンソープ。自分で作ったものを使うようになってから、湿疹やかさかさがびっくりするほど
なくなりました。こんなにちがうんだな~と驚きです。今では、ほとんどといっていいほど、ハンドクリームは
使わなくなりました。
今度は、イチゴの種とイチゴのFRを使って、いちごソープを作ろうかな、って思っています。
Top▲ by faire02 | 2009-06-05 00:52 | ハンドメイド*soap
<< 風邪を引いてしまいました | ページトップ | ネットショップのこと >>